治療内容

治療の概要



どのような症状に適しているのか



捧治療室が、治療の際に気をつけている事

鍼灸

衛生面・鍼灸治療に伴うアクシデント、特に、鍼は、基本的にデスポ鍼を使用しています。また、普通鍼を、使用しても、1度使用したものは使いません。鍼管・シャーレーは、滅菌消毒気で、消毒しています。灸は、治療室が集合住宅のため、におい・安全面を考え、伝記治療器(スターB」を、使用しています。温度・強さの調節ができますので、やけど(特に、低音やけど)の、心配がありません。

マッサージ

張替えし、過度の強もみ。

指圧

強さの強弱と、インターバル


治療が完了すると、どのような気分になるのか