適応症

免疫力をあげる東洋医学治療

WHO(世界保健機構)では、49疾患を鍼灸治療の適応疾患としています。 (1996年 草案 )

鍼灸治療の適応症

腰痛・頭痛・肩こり・しびれ・神経痛・めまい・不眠・冷え症・生理痛・便秘・膝の痛み・更年期障害・むち打ち症・筋肉痛・アレルギー・眼精疲労等
そのほか、慢性病、倦怠感、間接の痛み、不妊、冷え性、ストレスなど。

その他症状でお悩みの方も、当院にお気軽にご相談下さい。